今後のユーザー開催予定(WS)

開催場所:
まほう屋大阪日本橋店
〒556-0005
大阪府大阪市浪速区日本橋4-11-6旧5番館ビル2F

12/18(金)15:00
トライアル大会「涼宮ハルヒの憂鬱」
定員16名
参加費:ブースター1パック購入
(ブースターの代わりに、エクストラパック・トライアルデッキの購入でも可)
レギュレーション:
「涼宮ハルヒの憂鬱」トライアルデッキに収録されているカードおよびPRカード

12/18(金)17:00(※申請中)
12月ショップ大会
定員16名
参加費:ブースター1パック購入
(ブースターの代わりに、エクストラパック・トライアルデッキの購入でも可)
レギュレーション:
「涼宮ハルヒの憂鬱」限定(「涼宮ハルヒの憂鬱」ブースター収録カード使用可)
※いずれの大会も、事前予約受け付けは行いません。
大会のお問い合わせ等は、
e30032516@infoseek.jpまで

お知らせ

※記事内の画像をクリックすると、クリックした画像が別ウィンドウでより大きく見れます。


この基準に基づき、コメント・トラックバックを削除する場合があります。

最近の記事+コメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク

現在リンク募集中!もちろん相互リンク歓迎です。

[相互ブログ]
インドのドアの鍵(ツケンさん)

Infinity Possibility(虎ー牙さん)

ヲタク日記(シュウさん)

日常茶飯事~近畿の平民~(サルレター吉秋さん)

ビブリオテク(図書館さん)

Piece of Memory(クズハさん)

[ブログ(片道リンク)]
FC2ブックマーク

【--------(--) --:--】
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
【2008-04-01(Tue) 01:19】
ポケモンカード公式大会「バトルロードスプリング★2008」の感想
 最初に言いますが、私にとって、非常に悔しい思いと馬鹿馬鹿しく思った大会の内容でした。私はポケモンカードをするのは10年(今年で11年目)であり、公式大会も約15回出場(今回も含める)したのですが、予選突破したのはたったの4回、上位入賞したのも3位の1回しかありません。今回の大会は私にとって、一番つまらなく、かつ、みじめな思いをした大会でした。

感想は続き以降に書きます。

その前に、ポケモンカードのためにブログ更新を休止していたにも関わらず、それなりの成果を出せなかったことをお詫びします。


まずは、公式大会ですが、予選の形式と突破の条件が昨年の夏の大会のときと同様でした。

①参加者はまず、第1ステージから始まり、同じステージにいる参加者同士で対戦します。

②勝利したものは、第2ステージに進出し、そこでまた、同じステージにいる参加者同士で対戦します。

③そこで勝利すると第3ステージに進出し、以下、同じようにして、対戦します。

④第4ステージで勝利すると予選突破することができます(関西大会の場合は第4ステージですが、大会によってはステージが異なる場合があります)。

※途中で負けor引き分けになった場合は、第1ステージからやり直しです。
※本選進出枠分の人数が埋まった時点で予選終了です。
※予選は9:00~12:30で、11:30までは新規受付可能。

ここまでが予選のルールですが、いくつか補足しますと、

・各ステージにおいて、テーブルが埋まっている場合は、テーブルが空くまで順番に並ぶことになります。
・第2ステージ以降、対戦者がいない場合があり、その場合は、新たに対戦者が来るまで待機することになります。
・本選進出枠が埋まっても、欠員補充のため、予選を続行することがある(関西大会の場合は5人でした)。受験の補欠合格と同様、正規の本選進出者が本選進出を辞退した場合、順に繰り上げ進出となります。

では、わかりやすく説明したうえで、まずは、馬鹿馬鹿しくなった点を述べます。半分は私が「夏の頃は負けても20分ぐらい並んでいたら、対戦できましたから、今回も並ぶ時間がかからないだろう」と甘くみていた点があった、と反省しています。
 前日までにデッキが完成させることができず、夜につい寝てしまって、朝に目が覚めて、急いで完成させました。そして、完成して会場に着いたのが10時前でした。そのときには対戦するのに、1時間ぐらい待たなければならない行列ができており、対戦することができたのは11時ぐらいでした。しかし、不審に思ったのですが、私の並んでいたすぐ後ろの人がちょっとずつ私のほうに押していたんです。ぐいぐいとかそんなんではなく、気づかない程度に断続的にゆっくりゆっくり押された感じです。図にすると、次のようになります。○が私を押していた人、◎が入り口の直前まで私の隣にいた人、(私)が私、おしげ♂です。

000.jpg


その結果、入り口前まで私の後ろにいた人(○の人)が、入り口の直前で私の隣にきている状態になってしまいました。私は○の人に「こいつ、カモだな。第1ステージは楽勝だな」と思われたような感じでした。正直に言いまして、いやな気分でした。

 そして、○の人と対戦することになりました。私のデッキはユクシーLV.X、アグノムLV.X、エムリットLV.Xでサポート用にメタグロス(PCG2)を入れていました。相手は、リーフィアLV.XとグレイシアLV.X(たぶん)のデッキでした。結果は、私の負け、というか、相手の行為にかなり腹を立てて棄権しました(大会スタッフに了承済み)。

 ペースは相手が有利なペースでした。相手のポケパワーとかワザとか宣言したかどうかはっきりしませんでしたが、相手が何しているのかわかってはいましたので、その部分はスルーしました。

 相手が「ロケット団の幹部」を使ってきました。このカードは、お互いのプレイヤーは手札を全て山札を戻してよく切り、お互いの残りのサイドの枚数分を山札から、引いて手札にする効果です。私は公式大会のサイド4枚戦を想定した練習をしていなかったため、また、その時点で1体も倒されていなかったせいもあり、間違って普段6枚戦のつもりで6枚引いてしまいました。そこを相手(○の人)に指摘されて、私は謝りました。そこで対戦相手と相談した結果、相手が私の6枚引いたもののうち、2枚をランダムに選んで山札に戻し、残り4枚を手札にすることにしました。確かに、これは私が悪いのですが、この後の対戦相手の発言に私は少し腹を立ちました

「その行為はルール違反だから・・・・」のような細かいところを重箱をしつこくつつくような発言をされました。

故意にやったわけではない行為に対して、ここまで言われました。それに対し、私は対戦相手に「今までのターンで、ポケパワーやワザがはっきり聞こえなかったのでわかりやすく宣言してください」と言いました。ここでは自分に非がありましたので、これ以上は何も言いませんでした。

んで、その次が一番の問題でした。私が「サポーター」を使った後、バトル場にいるユクシーLV.Xのポケパワー「トレードオフ」を使った後、ユクシーLV.Xを逃がし、ダンバルに入れ替えてターンを終了させるつもりが入れ替える前に間違って「サポーター」をバトル場→トラッシュに置いてしまい(ターン終了の宣言はしていません)、トラッシュに置いたときに相手は「あなたの番は終わりです」。私がトラッシュ→バトル場に戻しても「トラッシュからサポーターを戻さないで下さい」といわれました。強制的に私のターンを終了させられました。その瞬間、心の奥底ですごく腹が立ってきました。

※「サポーター」のカードは自分の番に1回使うことができ、使ったら、バトル場の横に置きます。自分の番が終わったら、サポーターをトラッシュに置きます。

ルール自体について、厳しく言うことについては文句を言いませんが、それなりの価値があるとは思えない人に言われることに腹が立ちました。もし、その人が今までのターンで、私に聞こえるようにポケパワーとかワザとか宣言しているなら、腹は立ちませんが、そこができていない以上、私は対戦相手に対し、「ルールについて厳しく言うような発言をする資格がないです。」と言いたいぐらいでした。もうちょっと言い争って、「なんだったら、今までのあなたのターンでポケパワーやワザの宣言がはっきりと聞こえなかったから、今までの全部、無効。」とか、強引にでも進めようとか思いましたけど、こんな重箱の隅をつつくような行為をしてまで優勝しようとかするやつに付き合うのも、また、こんなやつと対戦するために1時間も並んでいたのかと思うと、馬鹿馬鹿しくなりましたので、スタッフの了承を得て、棄権しました。それでも、並び直しましたが、終了直前に対戦はできたものの、対戦途中で予選は終わりました。しかし、次に対戦した人とは途中まででしたが、いい対戦ができました(私の劣勢でしたが)。

ワンデイバトルのほうにも参加しました。レントラー(DP5)とサンダース(DP4)で組んだデッキで挑みました。しかし、勝ったのはたったの1勝でした。そのうちの1敗がかなり最悪の負け方でした。最初の手札にはイーブイ(エナジーしんかがつかえるやつ)、雷エネルギー、手札にサンダースはない、そして、先攻になって先攻1ターンで一気にサンダースに進化できると思いきや、サンダース(2枚)が全部サイド落ちでしたorz。それで相手がハピナスで、先攻にも関わらず、出遅れたのも災いして一気にやられました。結局、ワンデイバトルでもらった景品が参加賞の「バクのトレーニング」のキラカードでした。

私の今後のポケモンカードに対し、課題ができました。

・大会を想定した練習をすること。

・ルールをもう一度確認すること。

・ワザやポケパワー、ターン終了を宣言するときははっきりと相手に聞こえるように。

「自分のことは棚にあげて、重箱の隅をつつくような行為をするもの」がいることを改めて認識させられた大会でした。そして、昔、私も似たような行為を少なからずやっていたことを思い知られました。社会人としてポケモンカードをやっている以上、遊びとはいえ、社会人なりの接し方が必要だと思いました。また、長いことやっていたせいで自分の悪い癖に気づかなかったところを改めて今大会を通して気づかされました(サポーターをバトル場に置き、サポーターをトラッシュに置くときは、自分の番が終わるときに)。ここらへんを直し、あと、多くのデッキと対戦するためにも、いろんなお店の大会にも参加しこうと思います。
スポンサーサイト
ポケモン(カードゲーム) | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント

おしげ♂さんにとってはかなり苦い大会になったようですね…。
おしげ♂さんの言う通り、気持ちよくできない対戦というのは結構あると私も思います。特に常連さんの中には、技名が聞こえにくかったり、ポケパワーの宣言などを無視して高速で処理するような方もいるんじゃないかと思います。自分の宣言なしの高速処理を棚に上げてコインが空中で3回回ってないと何度もネチネチ言う人とか…。
ああいう人に対抗するにはこちらがより正論を言うしかないのですが、それでも楽しくプレイできないことに変わりはなくて…難しいところです。

並ぶ際のマナーについては、スタッフにより注意を配ってもらうしかやりようがなさそうですよね。カードとは関係ないんですけど、今回私は待ち列で本を読みながら待っていたんですが、隣の人があからさまに中身を覗きこんでくるのが心地良くなかったです…。

私もポケモンカードを始めて10年以上になりますが、予選突破が1度だけという情けなさです。3位入賞したおしげ♂さんはきっと才能があると思うので頑張って欲しいです。
2008-04-01 Tue 03:32 | URL | 藤岡悟 #ynhbqKg6 [ 編集]

初めまして、関東のプレイヤーのルギア松本と申します。

各プレイヤーのそれぞれの考え方に対して口を出す権利はありませんが、関東地方でも自分が不利な状況になるといちゃもんをつけて自分が有利になるようにする輩がかなりいます。まさに「勝つためにはどんな手段も取る」という奴です。

私の場合、最初に相手に対して「お願いします」と挨拶をするのですが、その挨拶の返答次第で相手プレイヤーに対する方針を変えています。例えば挨拶をするプレイヤーに対しては細かく言わないのですが、挨拶をしないプレイヤーに対しては容赦しないです。(挨拶はポケカプレイヤーとしてではなく「人間として」というウェイトを占めていると思っていますので、そういった人間としてできていないプレイヤーには容赦しないのです。)

そんな私ですが「ポケカは楽しくかつ真剣に」という考え方は他のプレイヤーと同じです。しかしそうではないプレイヤーに対してはそれなりの対処をしなければわからないものだと思っています。またそういうプレイヤーに対しては「所詮こいつはこの程度の奴なんだ」と笑い飛ばしてあげるのもいいと思います。
2008-04-01 Tue 23:32 | URL | ルギア松本 #z8Ev11P6 [ 編集]

はじめまして。
私も今回初めて関西大会に参加しました。
とても楽しみに行ったのですが、私にとって
とても楽しめるものでは無かったです。
相手に勝手にダメージ計算され、勝手に気絶ポケモンをトラッシュされ
終わった後は手で払うように追い払われたのはとてもショックでした。
初心者の私なんか熟練者にしたらトロいウザい存在なのかもしれませんが、
セルフジャッジである以上は負けるにしても納得して終わりたかったです。
ポケモンカードはゲームとしては楽しめるものではありますが、
大会は正直もういいや!!という感じです。
 
2008-04-05 Sat 18:00 | URL | きゃる #- [ 編集]

コメントしてくださった方々、コメント返信が遅れて、大変申し訳ありませんでした。

>藤岡悟さん
私も常連ですから、そこらへんの暗黙の省略は承認しています。しかし、自分のことは棚に上げて、ネチネチと言う人はどうしても許せません。それに、

>コインが空中で3回回ってないと何度もネチネチ言う人とか…。
コインが空中で3回回っているかどうかは手元を見れば比較的わかるものです。高速処理するぐらいの常連の人ならば、なおさらです。私が直接見たわけではないので断言はできませんが、藤岡悟さんの場合は、そんな変なコイントスをすることはないなと思っています。それで、コイントスのことをネチネチと言う人はただの自己中です。私の場合、こういった人に自分の意見を言ってもムダだな、と判断したときは、自分の負けでもいいから、その勝負を切り上げるようにしています。精神的にも時間的にも、浪費するからと思っています。仕事の場合は、金もらっているわけですから、このようなことしてはいけないですけど、ポケカで、こんな奴の自己中に付き合っても、一銭の得にも
なりませんし、我慢して受け入れても、自分に不利益被るだけ、とメリットがないです。ただ、学生の頃、自分もこんな自己中と少なからず同じようなことをしていたんだと反省しています。自分にも非がある場合は、そのときは素直に謝っています。


最近は、よくお店の大会に参加している人でも、予選突破は難しいものです。逆に、お店の大会で見かけない人が予選突破しているケースもありますから、ここらへんは運要素もからんでいます。私もここ最近は予選突破すらしていませんから、藤岡悟さんが予選突破できないからといって、悲観することはないです。

>ルギア松本さん
初めまして、おしげ♂です。よろしくお願いします。

人の性格が十人十色のように、いろんな考え方のプレイヤーがいますから、私もルギア松本さんと同様に、プレイヤーの考え方という点をどうこう言うつもりはありません。しかし、

>自分が不利な状況になるといちゃもんをつけて自分が有利になるようにする輩がかなりいます。

のような人に対しては、自己中だなと思うのと同時に、「そこまでして、勝ちたいものなのか、優勝したいものなのか」と憐れみも感じます。

>私の場合、最初に相手に対して「お願いします」と挨拶をする~
それがルギア松本さんの考え方なんですね。私もそのような人に対しては敬意を払いますし、もし、私が手順を間違えてしまったときは素直に謝ります。ただ、人のことは言えませんが、一言余計なことを言う人が多いですけどね。

>ポケカプレイヤーとしてではなく「人間として」というウェイトを占めていると~
ここ最近、思うのですが、ポケモンカードを対戦するときは、必ず他の人がいないとできないです。ですから、例えば、ルギア松本さんが書きました「自分が不利な状況になるといちゃもんをつけて自分が有利になるようにする」人たちはいずれ、いろんな人から、嫌われてしまい、対戦する人がいなくなってしまいますね。

もちろん、自己主張することはいいことです。しかし、そのことに対して、自分で客観的に見れるような視野を持って欲しいと思っています。私も客観的に見れるように努力しています。自分の主張を対戦相手に信じてもらい、納得してくれるために。

>そんな私ですが「ポケカは楽しくかつ真剣に」という考え方は他のプレイヤーと同じです。
私も同じです。ポケモンカードは、相手を罵倒したりするためにしているわけではないです。ポケモンが好きだという同じ志を持った人たちが、その想いをデッキに込めて、その思いを正々堂々、全力で相手にぶつけて対戦しているものだと私はそう考えています。ですから、私は勝つためだけのデッキなんて作りはしません。かといって、相手に勝ちを譲る気もありません。私はその都度、自分が気に入ったカードをメインにして、よく公式大会に挑んでいます。単なるネタではなくて、よく使われているデッキに対抗できるように構築するのも悩みものです。


>きゃるさん
初めまして、おしげ♂です。よろしくお願いします。
たしかにきゃるさんの言ったとおり、今回の関西大会は楽しめるものではありませんでした。散々並んだ挙句に、終わった後は手で払うように追い払われると脱力感を感じてしまいます。

私、ポケカは今年で10年になりますが、10年前は今ほど器用にできなかったですよ。ですから、処理に対して、トロいのは仕方がないと思っています。ウザいのはきゃるさんのせいではないです。熟練者が初心者への配慮が足りないだけです。大会の参加最低条件がルールを理解していることですから、ダメージ計算の処理の速度なんて関係ないんです。

 DPシリーズでやり始めた(あるいは再度やり始めた)人はPCGシリーズのポケモンのポケパワー、ポケボディーがわからないですし、当然理解していません。ルールを理解していて、きゃるさんが納得できないのなら、対戦止めてでも相手に自分が納得できるまで聞いてください。対戦というのは、きゃるさんとその対戦相手のものですから、勝とうが負けようが、きゃるさんが納得できるように相手に聞く権利はあります。

「ポケモンのポケパワー、ポケボディー、ワザの能力が理解していない」ことと「ルールを理解していない」ことは全くの別物です。もし、これらを混同している熟練者がいるのなら、その人は自分にうぬぼれているだけです。熟練者でも全てのポケモンのポケパワー、ポケボディー、ワザの能力を理解している人なんて、ごく少数です。それに、中にはきちんと説明してくれるやさしい人もいます。

今大会は、初心者にあまりよくなかった内容でした。私もそう感じました。
全員が初心者に配慮しない人たちばかりではないですので、きゃるさんも機会があれば、次の大会、参加してみればどうですか。
2008-05-25 Sun 03:50 | URL | おしげ♂ #XG2cCQh6 [ 編集]
コメントの投稿
管理者(おしげ♂)にだけ表示を許可する

| ホーム |
カウンター
プロフィール

おしげ♂

Author:おしげ♂


生年月日:1980年代
社会人3年目
住んでいるところ:大阪府

最近単行本をあつめているコミック:
魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、ながされて藍蘭島、バンブーブレード、魔法少女リリカルなのは関連、リトルバスターズ!関連

2009年3月ヴァイスシュヴァルツジャッジ資格取得
Level.2 Judge-No.167

バナー

素材元はジャスティスさんから

200×40


バナーURLは http://blog-imgs-29.fc2.com/e/u/e/euerove/ naturalelectbanner.jpg

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去ログ
全ての記事を表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。